安いGoProを買うなら中華アクションカメラを買おう

GoProを初めて購入する際に、安いという理由で昔のモデルのGoProを購入しようとしている方はいませんか?
安いモデルのGoProを購入することはおすすめしません

なぜなら安いモデルのGoProを購入するのであれば、他のメーカーのアクションカメラを購入する方がコストパフォーマンスが良いからです

そこで今回は、GoProの安いモデルと中華アクションカメラを比較して、GoProよりも中華アクションカメラをおすすめする理由を紹介していきます

GoProを買うのが損な理由

GoProはアクションカメラの中で有名で使っている人も多いですが、何といても価格が高いです
そこでアクションカメラをよく知らない状態で、GoProを購入してしまうことは損につながります

たとえばGoProの4K動画撮影が可能になったモデルであるGoPro HERO4のBlackでは今では3万円ほどで購入することができます(発売時は7万円ほど)

他にもGoProに防水機能や、タイムラプス撮影を望む方もいらっしゃるかもしれません

しかしこれらの機能を望むだけであれば、中華アクションカメラでも同様の機能を使うことができます
例えば、後ほどおすすめする中華アクションカメラ「MUSON JP-MC2-MU」であれば、1万円以下で4K動画・防水・タッチパネル操作・タイムラプス・WiFI機能を搭載しています

このように同様のスペックを持った中華アクションカメラがあり、GoProと比較しても劣っている訳ではなく十分使用が可能です

GoProが高くても購入されるのは、「他のアクションカメラにないような最新の機能やクォリティがあるから」で、決して昔のモデルに価値があり続ける訳ではありません

こういった理由から安いGoProを購入しようと考えるのであれば、断然安い中華アクションカメラを購入することをおすすめします

それではGoProの変わりになる、安い中華アクションカメラのおすすめを紹介をしていきます

おすすめの安い中華アクションカメラ

今回紹介するのは1万円以下で購入することができ、ハイスペックな機能を持っている中華アクションカメラ「MUSON JP-MC2-MU」です

MUSON JP-MC2-MU

こちらはMUSONというメーカーから出されている中華アクションカメラです

4Kで、170度の超広角レンズを使用することができます
それに加えてタイムラプス撮影や、水中での撮影、WiFi機能によるスマホへの動画の送信、遠距離からのリモコン操作が可能など、アクションカメラを楽しむ上での機能が十分について1万円以下という驚きの値段です

また本体を購入するだけで、予備バッテリーや、リモコン、様々なマウントが付属してついてきます

出典:amazon

これだけの機能がついたアクションカメラがあって、まだGoProの安いモデルの購入を考えますか?

もちろんGoProには様々なアクセサリーに対応するなどの利点はあります
しかしこの中華アクションカメラもマウントを使用することで様々なアクセサリーを使用することができます

GoProの安いモデルを探していた方には、予算よりもはるかに安く高機能を持ったこの中華アクションカメラをおすすめします

中華アクションカメラのポイント
  1. 1万円以下の安いアクションカメラ
  2. 4K・タイムラプスも撮影可能
  3. リモコン操作・WiFi転送が可能
  4. 防水機能
  5. 豊富な付属品

まとめ

今回はGoProの安いモデルを購入することをおすすめしない理由と、安くて高機能なスペックを持ったおすすめの中華アクションカメラを紹介しました

中華アクションカメラといっても、十分すぎるほどの圧倒的で綺麗な動画を撮影することが可能です

ぜひ予算がなくてGoProの最新モデルに手が届かなかったという方はこの中華アクションカメラを使ってみてください
アクションカメラを楽しめて、綺麗な動画も撮ることができるおすすめの安いアクションカメラです

以上:安いGoProを買うなら中華アクションカメラを買おうでした