ソニーのアクションカメラのおすすめと比較【SONY】

アクションカメラのメーカーとしてはGoProが有名です
しかしソニーのアクションカメラも、ハンディカムに使われていた手振れ補正の技術が使われていたりと、アクションカメラとして注目するべきメーカーです

そこで今回はソニーのアクションカメラのおすすめと比較を紹介していきます

ソニーから販売されているアクションカメラ

はじめにソニーから販売されているアクションカメラのラインナップを紹介していきます
現在ソニーから販売されているアクションカメラは次の3つです

それではそれぞれのカメラの詳細をわかりやすく説明していきましょう

FDR-X3000

圧倒的な手ぶれ補正で4K撮影が可能なアクションカメラです

ソニーのハンディカムに使用されていた「空間光学手ブレ補正」という人気の技術をアクションカメラ用に新しく開発して作られた手振れ補正の機能を持っています

このブレ補正が素晴らしく、他のアクションカメラと比較しても断トツのブレ補正を誇ります
これまで一眼レフカメラや、ハンディカムを作っていたからこその確かな技術です

またライブビューモニターを使用することで、アクションカメラを固定した状態でも様々な状況から撮影のコントロールをすることができます

アクションカメラのポイント
  • 4K/30pの動画を撮影可能
  • 抜群のブレ補正技術
  • ライブビューモニターで離れたところから撮影可能
  • 本体防滴

HDR-AS300

こちらのアクションカメラは上のモデルと同様に、空光学式ブレ補正を搭載したモデルです

画質にこだわらずにアクティブなシーンでの滑らかな撮影を行いたい方には、FDR-X3000と比較すると安いためおすすめできるモデルです
4K動画は対応していませんが、フルHDでの撮影が可能です

こちらの機種も防滴で、ライブビューモニターも使用が可能で、アクションカメラとして場所を選ばずに使用できるおすすめモデルです

アクションカメラのポイント
  • フルHDの動画を撮影可能
  • 抜群のブレ補正技術
  • ライブビューモニターで離れたところから撮影可能
  • 本体防滴

HDR-AS50

現在ソニーから発売されているアクションカメラで一番安いモデルです

空間高額ブレ補正の機能はなく、通常のアクションカメラのブレ補正と同様の「電子式ブレ補正」の機能を持つカメラです
動画はフルHDの撮影が可能です

連続撮影時間が一番長く、質量も一番軽いため持ち歩きにも優れたアクションカメラです
値段も安く、はじめてアクションカメラを持つ方の最初のアクションカメラとしておすすめです

アクションカメラのポイント
  • フルHDの動画を撮影可能
  • 光学式ブレ補正
  • ライブビューモニターで離れたところから撮影可能
  • 本体防滴

ソニーアクションカメラ比較表

ここではそれぞれのモデルの比較を表で分かりやすく紹介します

FDR-X3000 HDR-AS300 HDR-AS50
画素 4K フルハイビジョン フルハイビジョン
空間光学ブレ補正 ×(電子式)
質量 114g 109g 83g
連続撮影時間 4K:50分
フルHD:125分
フルHD:125分 フルHD:165分
ライブビューリモコン
防水性能
写真 1200万画素 1200万画素 1190万画素
最短撮影距離 50cm 50cm 30cm

GoProとソニーのアクションカメラはどちらがおすすめ?

ここまでソニーのアクションカメラを3つ紹介しましたが、アクションカメラの人気のGoProと比較するとどちらがおすすめなのでしょうか

ここでは分かりやすくGoPro HERO6ソニーのHDR-X3000を比較していきます

動画はどちらが優れている?

ふたつのアクションカメラを比較するとGoProは画素に優れていて、ソニーはブレ補正が優れています

GoProは4K動画で60pの撮影が可能で、4K時にソニーの倍の細かさの動画を撮影することができます
しかしソニーは空間光学式ブレ補正の機能があり、GoProの電子式のブレ補正よりも優れているように感じます

このように動画の観点から比較すると、自分がアクティブなシーンを滑らかに撮りたいか、鮮やかな綺麗な動画を撮りたいかでおすすめのアクションカメラが変わってきます

アクセサリーを比較

次にアクセサリー数を比較していきます

GoProをおすすめするポイントの1つに対応するアクセサリー数が多いということがあります
GoProの公式から非公式のものまで含めると数え切れないほどのアクセサリーがあり、自分の用途に合ったアクセサリーを使用することができるためおすすめです

ソニーのアクションカメラでは対応しているアクセサリー数は少ないものの、3脚のネジ穴がついているため使用することができる商品が多いです

注意
どちらもアダプターを使用することで、GoProタイプ、三脚タイプを変換することである程度のアクセサリーを使用することができます

まとめ

今回はソニーの現在発売されているアクションカメラのモデルの紹介と比較をしました

現在はアクションカメラのシェアはGoProが多くを占めていますが、ソニーのアクションカメラもこれまでの技術を応用されて作られているため、まるでジンバルをしようしているかのような滑らかな動画を撮影することが可能です

自分にあったアクションカメラを見つけて、撮影に出かけましょう

以上:ソニーのアクションカメラのおすすめと比較【SONY】でした